アフィリエイト 初心者 ASP

なかなかGoogle Adsenseの審査に通らなかったサイトがあることをしたら審査に通った話

Google Adsenseはサイトの収益化の手法としては有名で,クリックされるだけで報酬が発生するのでお手軽なのですが,なかなか審査に通りません。

昔はとくに審査とかいらなかったのですが,これだけブログなどをする人が増え,それでお金を稼ぐ人が増えたので,まあ当然入り口は狭き門になります。

 

私もサイトは複数持っているのですが,明らかに審査に通っても良いはずのクオリティのサイトなのに,全然審査に通らなかったサイトがあります。

諦めてふて寝してたのですが(笑),K塾でそのことを相談したところ,一瞬で解決し,審査に通りました。

なので,今回はそのことを特別にシェアしたいと思います。

Google Adsenseの審査に受かるために1番重要なこと

まずGoogle Adsenseの審査に受かるために1番重要なこと,何だと思いますか?

それはGoogle Adsenseの規約を満たす記事や画像を投稿していくことです。

 

「じゃあGoogle Adsenseの規約って何?」と思いますよね。これについては実はGoogleが公式に発表しています。

こちらです ⇒ AdSense プログラム ポリシー

PDFでもありますので,良かったら印刷して読んでおくと良いでしょう。

 

読んでもらったらわかると思いますが,けっこう抽象的な表現が多いと思います。まあそれは当然で具体的に提示しすぎてしまうと,必ず穴を見つけてくる人がいるからです。

ただ普通に訪問者のことを真剣に考えているサイトなら通ります。

私が作っていたサイトも

・オリジナルな文章
・オリジナルな画像
・同じテーマのInstagramはフォロワーが多い(=多くの人に興味があるコンテンツ)
・役に立つコンテンツ
・ボリュームもそれなりにある

など,審査に通らないほうがおかしいとずっと思っていました。

足らないのか,余分なのか

Google Adsenseの審査に通らないときに考えるのが「足らないのか,それとも余分なのか」ということです。

足らないのは,例えば記事数が少なすぎるとか,絶対になくてはならないコンテンツがないとか,オリジナルな画像がないとか,そういう状況です。

逆に余分なときは,Googleが気に入らない表現や画像が使われているページがあるとか,そんな感じ。

もし自分のサイトがGoogle Adsenseの審査に通らないのであれば,この2つの状況を考えてみましょう。自分の場合はどちらなのか?

Google Adsenseの審査に必須のコンテンツ

僕の場合は「足りない」でした。Google Adsenseの審査に必須のコンテンツが入ってなかったのです。

それは「プライバシーポリシー」のページです。

 

実はGoogle Adsenseを利用するサイトには,必須コンテンツとして,プライバシーポリシーを用意する必要があり,これは公式サイトにも書かれています。

こちらです ⇒ 必須コンテンツ – AdSense ヘルプ

 

私のページもさっそくプライバシーポリシーのページを作成し,そのあとGoogle Adsenseに申請したら,審査に通りました!

プライバシーポリシーページの作り方

作っているサイトがHTMLなのか,WPなのかによって変わりますが,基本的にはプライバシーポリシーのページを1つ用意して,フッターにリンクさせておけばOKです。

WPだと「固定ページ」で作れば良いでしょう。

文章も「Google Adsense プライバシーポリシー 例文」とか調べればたくさん出てきます。

それをコピペしても良いですし,自分のサイトに合うように変えてもよいでしょう。個人的にはちょっと修正することをおすすめします(たまに誤字があるのでそのままコピペすると痛い目にあう)。

 

あとは「運営者情報」として「名前(ハンドルネームでも可)」と「メールアドレス」は記載しておいたほうが良いと思います。

Google Adsenseの審査に通っているサイトは山ほどあるので,見つけたらプライバシーポリシーのページを探してみて参考にすると良いと思います。

まとめ

ということで,今回はGoogle Adsenseの審査についてでした。Google Adsenseの審査に受かるには

・Google Adsenseの規約を満たすコンテンツ

これを用意しなければいけません。具体的には,Googleの公式のサイトを良く読んでください(リンク貼ってますので)。